【トラブル事例】「接続サポートされていない振動子」と出たら・・・

「 接続サポートされていない振動子」とメッセージが表示 された場合、主に以下の原因が考えられます。

  • 製品に対応していない振動子を取り付けた場合。
  • ベイルマウントまたは振動子のコネクタが錆てしまい、必要とする電力が不足した場合。
  • ベイルマウントの障害

特に多いのが海で利用されたとき、振動子のコネクター端子をメンテナンスせずに放置したままにすると錆が付着し、必要な電力が妨げられ以下の症状が発生します。

この症状がひどくなると、「振動子が接続されていません」とメッセージの表示や、電源が突然に落ちたり電源が入らなくなったりします。

錆による障害は使い方の誤りに当たるため、製品不良とはみなされず24か月の保証期間内であっても対象から外れてしまいます。
変換ケーブルやベイルマウントなら被害は軽微(それでも3千~9千円)ですが、振動子丸ごとの交換だと2万~最悪は20万円以上とかかり大きな出費となります。

なので利用後や本体を外して別に保管される場合には海水の付着が残らないように真水や塩分除去剤で綺麗にふき取り、潮風が当たらないよう処置をお願いします。

またガーミンには海での使用に対しての錆対策をもっとしっかりと設計を欲しいですね。(熱く要望)

ネオネットで一番売れてるガーミンGPS魚探の取り扱いラインナップ
STRIKER Plus(ストライカープラス)シリーズ
GPSMAP 585 Plus(GPSマップ585プラス)シリーズ
ECHOMAP Plus(エコマッププラス)シリーズ
ECHOMAP Ultra(エコマップウルトラ)シリーズ
GARMIN(ガーミン) オプション・補修パーツ
GARMIN(ガーミン) ウェア/グッズ

コメントを残す

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ