【質問】GT52WH、GT54UHD、GT56UHDの振動子は選ぶとしたらどれが良いですか?

A.振動子のサイズや取り付け方法、対応機種にもよりますが、性能スペック面の視点からオススメするのはGT56UHD、次点でGT54UHDをオススメします。

性能スペックの違いは通常魚探、クリアビュー、サイドビューに3項目に分けて解説します。

通常魚探(2D)

GT52WH、GT54UHD、GT56UHDの通常魚探(2D魚探)はいずれも周波数帯(150~240 kHz)と従来の魚探製品と比較すると高く、周波数は値が高いほど鮮明に移すことが出来ることが可能です。加えて探査指向角は16°~24°と角度が広めとなっておりボート下の広い範囲を捉えることが出来ます。
3つの振動子は、ともに精細な情報を取得する能力を持っていますが、超音波の強さを表す出力は、GT54UHDとGT56UHDは【350W】ですが、GT52WHは【250W】となっています。
投げるボールが強いほど跳ね返る力も強くなると同様に、GT54UHD、GT56UHDの2つ振動子の方が魚探の反応を強く表現します。

クリアビュー

各振動子の周波数は以下の通りです。

GT52HW

【周波数】:455kHz(445-465kHz)、800kHz(790-850)kHz
【出力】: 350W

GT54UHD

【周波数】:800 kHz(760~880 kHz)
【出力】 :350W

GT56UHD

【周波数】:455kHz(425-485kHz)、800kHz(790-850kHz)、1,000kHz(940-1100kHz)
【出力】 :500W

通常魚探(2D)で説明したのと同じく、周波数は値が高いほど鮮明に移すことが出来ます。
GT56UHDは455kHz帯、800kHz帯、1,000kHz帯の3段階の周波数が用意され、水深によって強弱を変えることが出来、さらに500W出力となっているため、GT52HW、GT54UHDよりも反応を強くとらえることが出来ます。

サイドビュー

各振動子の周波数は以下の通りです。

GT52HW

【周波数】:455kHz(445-465kHz)、800kHz(790-850)kHz
【出力】: 350W

GT54UHD

【周波数】:455 kHz(425~485 kHz) 、1,200 kHz(1,080~1,230 kHz)
【出力】 :350W

GT56UHD

【周波数】:455kHz(425-485kHz)、800kHz(790-850kHz)、1,000kHz(940-1100kHz)
【出力】 :500W

サイドビューも同様です。
GT54UHDは1,200kHz帯で最も高くはなっていますが、出力の違いもあってGT56UHDと比較するとGT56UHDの方が映像をはっきりと捉えることが出来るようです。

まとめ

つまり、すべての面においてGT56UHDの方が高性能となっています。
加えてUHD振動子の販売強化キャンペーンが開催されており、メーカーから以下の組み合わせが特別価格で販売が行われております。
スペック上、GT52HW振動子が劣りますが、セットで買うとGT54UHD、GT56UHDがお買い得となっているため、この機会をお見逃し無いようご検討ください。

ECHOMAP UHD 72sv×GT54UHD-TM振動子セット

ECHOMAP UHD 72sv×GT56UHD-TM振動子セット

ECHOMAP UHD 92sv×GT54UHD-TM振動子セット

ECHOMAP UHD 92sv×GT56UHD-TM振動子セット

ECHOMAP ULTRA 102sv×GT54UHD-TM振動子セット

ECHOMAP ULTRA 102sv×GT56UHD-TM振動子セット

ECHOMAP ULTRA 122sv×GT54UHD-TM振動子セット

ECHOMAP ULTRA 122sv×GT56UHD-TM振動子セット

※販売強化キャンペーンは突然終了することもありますのでご了承ください。

コメントを残す

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ